化粧品大好き生活 > エバメール 工場潜入レポ > エバメールのうっとりフェイスエステ
2007年06月28日

エバメールのうっとりフェイスエステ

eba10.jpg

エバメール工場【潜入レポ その2】です^^
>>Beaty&Cosme ranking♪


【エバメール工場 潜入レポ 一覧】
・エバメール 工場見学
・いざ!工場見学へ
・エバメールのうっとりフェイスエステ体験
・エバメール工場見学 感想


エバメール ビューティーフロアのエステルーム
エバメールのフェイスエステを体験させていただきました。

オールハンドによるフェイス〜デコルテまでの
贅沢ゲルクリームマッサージ。
まさに恍惚の瞬間。。
エステは女にとって極上のサプリですよね。

もうね、マッサージ中は美容部員さんのゴットハンドにうっとり・・。
あまりの気持ち良さに昇天しました・・・ ゚+.(*′∀`)。+.゚

まずメイククレンジングから始めるのですが、
クレンジングもゲルクリームを使います。


コットンにゲルクリームをたっぷりのせて
目元にしばしオン。
そうするとね、2度塗りのウォータープルーフの
マスカラがポロって剥がれ落ちたんですよ。(゜□゜;)

 
油性のメイクは油性で落とすという概念があったから
水性のゲルクリームでマスカラが落ちるって、
けっこうな衝撃でしたよ。


担当してくださった美容部員さんは、
とってもキュートな色白美人さん。
彼女も毎日エバメールを使用しているそうです。
毎日使うと、あんな吸い込まれそうな美肌になれるんですね。


約60分のゲルクリームマッサージ後は
お肌が別物になっていました。
『自分の理想の肌状態ってコレ!』というお肌。
自分の肌って、ここまで変わるんだぁ・・・と。


美容部員さんのマッサージテクも素晴らしいですが、
美肌へ導く魔法水に包み込まれていたおかげで
お肌が内側から潤いに満ちあふれて、フカフカに。
角質水分密度120%オーバーの潤い肌に仕上がりました。。
見た目にも肌の明るさが1トーン上がりましたね。


エバメールのフェイスエステを受けた次の日に
女友達たちと飲みに行ったのですが、
「ナオ(←本名です 笑)、肌の調子いいんじゃん?」って
言われてしまいましたっ!
うれし━━━━。+゚(*´∀`*)。+゚━━━━いっ!

女友達に気づいてもらえるのって、私にとっては最高の勲章です。
エバメールさん、本当にありがとうございます!



eba9.jpg
エバメール ラブコースター
エステ後にいただいたお茶です。
コースターにもエバメールの印字が!
クリームのフタみたいでかわいい!思わずパチリ^^
生成水で作られたお茶はまろやかで本当に美味しかったです



eba11.jpg

(年齢+10)日〜(年齢×10)日
さてさて、上の式は何の計算式でしょう?

細胞が生まれ、はがれ落ちるまでの平均日数だそうです。
ターンオーバーの周期ってやつですね。

例えば、30歳の方だったら40日〜60日となります。
40日で正常、60日で不良気味だそう。

このターンオーバーが美肌のカギとなるわけですが、
正常なターンオーバーには水の働きがとっても重要です。

魔法の水【生成水】が80%も配合されたエバメールのゲルクリームは
まさにターンオーバー正常化を促す救世主といえます。


エバメールゲルクリーム 美肌への4つのアプローチ

・硬い角質を柔らかくする
 →ゴワゴワ肌から理想的なフカフカ柔肌へのカギ。
 
・強い吸着力がある
 →蒸発しにくいから、保湿成分たっぷりの魔法水に包まれ潤い美肌に。

・長時間の保湿力
 →水分が角質層まで浸透して正常なターンオーバーを促す
  美肌のキーポイント

・皮膚呼吸をさまたげない
 →水のクリームだから、乾燥肌・敏感肌の方にぴったりの自然派化粧品


透明美肌へアプローチしてくれる、エバメールのゲルクリーム。
魅力を最大限に引き出して使えば、
目に見える効果が得られるのは立証済み。
輝く美肌への近道といえます。

NEXT>>『エバメール工場見学 感想』に続きます


エバメール トライアルセット
洗顔後のお肌にたっぷりのゲルクリームをなじませて、そのまま朝まで水分を浸透させるだけ。
エバメールのゲルクリームだからこそできる保湿力で翌朝にはしっとり潤いのあるプルプル美肌へ導きます。

詳しくはエバメールのゲルクリーム トライアルセット315円へどうぞ


皆様のおかげでブログの順位が上がりました!
これも皆様のお力あってのことです。
本当に、いつも読んでいただきありがとうございます

ピッと黒ハート1回クリックお願いします
ranking.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック